2014/06/11

初知り

『第三文明』7月号の90ページのなかの、

「牧口の遺骨は常在寺に預けられていたが、
1945(昭和20)年4月13日深夜から
翌日未明にかけての空襲で同寺は焼失し、
遺骨も失われてしまった。」

と記されている史実を初めて知りました。
優しい言い方させていただきますと、
はらわた、煮えくりかえらさせて
いただいております。






コメント

非公開コメント