2014/05/11

読書

『人間革命』第8巻「真実」の章読み終える。
(数々の体験に出来るだけ冷静に、かつまた、真剣に、
集中して、読み進めてましたが、読もうと声を出そうと
すると、グッと嗚咽で咽んで、次の一音が発声出来なく
なるときが何度かありました。)

昨日は快晴で眩しい太陽も白い月も同時に出ていて、
ごく薄い霞みが全体的に拡がっているというだけで、
真っ青な空が一日中いつ見ても、かたまりの雲が
一つもない不思議な思い出深き快晴の一日でした。^ ^

母と共にその土地土地の名前を冠した『○○食堂』という
処で食事する。他府県の道の駅とかにも行く。
昨日でしたが、「今日が母の日やと思といてや」と
冗談を言っておきました。(照臭)(笑)^ ^

累計60万遍。

『人間革命』第8巻「推進」の章読み始める。^ ^

「生命の世紀」万歳!^ ^/




コメント

非公開コメント