2014/06/22

御書

「いのち は つるかめ(鶴亀) の ごとく・
さいはい(幸福) は 月 の まさり・
しを(潮) の みつ が ごとく と こそ
法華経 には いのり まいらせ 候へ、」
(御書990ページ)



コメント

非公開コメント