2014/02/25

歓喜の拝読

「今 日蓮は 去(い)ぬる 建長五年 癸丑 四月二十八日より
今年 弘安三年 太歳 庚辰 十二月に いたるまで
二十八年が間 又 他事なし、
只 妙法蓮華経の七字五字を日本国の一切衆生の口に入れん
と はげむ計(ばか)りなり、
此れ 即 母の 赤子の口に乳を入れん
と はげむ慈悲なり
此れ 又 時の当らざるにあらず
已に 仏記の 五 五百歳 に当れり、」
(御書585ページ)

(言うに言われぬ歓喜を持って拝読させていただきました。)
(・人・)(感謝)


2014/02/24

累計

累計31万2000遍。
(2Hペース目線で3日分・6時間分の遅れ)

(なんかゲーム差みたいになってきた。(笑)^ ^)


2014/02/22

筆喜

○○地区婦人部長からのセツエイ依頼を
うちのおかんが聞き受けて、
おかんヅテ(おかんづたい・おかん経由)の依頼で、
『○○ブロックファミリー総会』
というセツエイを書かせていただきました。
ーーーーーーーーーー

唱題累計29万7000遍。
(1日2時間ペースでの計算上からみれば、3日半の分・7時間分の遅れ)
アカンでアカンでヤバいでヤバいでこれ(笑)(・・;)
追える時に、追えるだけ、追っていきたいと思います。
…ぬかみそのイキリ…くそっ、負けじ魂。(-。-;)

今からあげさせていただきます。(^人^)
(それにしても、おかんヅテて(笑)^ ^)




2014/02/17

拝読

昨日は日蓮大聖人の御聖誕日でした。
おめでとうございます。(祝)
聖教新聞に池田先生の『名誉会長と共に[7]新時代を開く』
というメッセージが掲載される。
その中で活用されている御書の御文にページ数が表記されていたので、
(御書1332ページ)(同891ページ)(同758ページ)(同1173ページ)
に当たる御書をそれぞれ拝読させていただきました。

今日は『新・人間革命』正義39
の中に出て来る(御書986ページ)の御書を拝読させていただきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

入信記念日。(昭和59年2月17日)

^ ^/
いよいよの信心。
(報恩感謝)



2014/02/11

妙法

きょうは戸田先生の誕生日。(祝)
おめでとうございます。\(^o^)/
戸田先生の執筆された人間蘇生の物語
小説『人間革命』のペンネームは『妙悟空』です。
池田先生のペンネームは『法悟空』です。
お二人で『妙』『法』ってなっているので
凄いなぁ と思います。(^^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

累計24万6000遍。
だんだん意地になってきました。(笑)
反動を恐れずにあげきります。^ ^/




2014/02/08

師子

「各各 師子王の心を 取り出して・
いかに 人 をどすとも をづる事なかれ、
師子王は 百獣に をぢず・
師子の子・又 かくのごとし」

(御書1190ページ)

(^^)/



2014/02/07

かたみ

「日蓮と いゐし者は
去年九月十二日 子丑(ねうし)の時に
頸(くび) はねられぬ、
此(こ)れは 魂魄(こんぱく)・
佐土(さど)の国に いたりて
返(かえる)年(とし)の 二月・
雪中(せっちゅう)に しるして
有縁(うえん)の弟子へ をく(贈)れば
をそ(畏)ろしくて・
をそ(怕)ろしからず・
み(見)ん人 いかに・
をぢぬらむ、

此れは
釈迦・多宝・十方の諸仏 の
未来日本国・当世を うつし給う
明鏡なり
かたみ とも みるべし。」
(開目抄 下 )(御書223ページ)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

(^人^)累計22万2000遍。ともかく前進。



2014/02/06

王道

(法悟空著『新・人間革命』正義30 からの抜粋です。)
「広宣流布に生きる人を、仏(ほとけ)に仕(つか)えるがごとく守り抜く。
そこに仏法(ぶっぽう)の王道(おうどう)がある。」



2014/02/01

誓願

1月唱題累計18万6000遍。
ネタフリ的に最初1日2時間ペースであげて、最後断末魔の叫びオチで結局地味に1年を終える という、
イカンガー走法的唱題(笑)ともいうべき典型的な火の信心こそ僕の一凶です。(-。-;)
この永年染み付いた火の信心を、なんとか水の流れるごとく不退の水の信心に転換してみたいです。
昔、先生のいつのスピーチのなかでの話かちょっと出処忘れてしまって申し訳ないのですが、
戸田先生が「公式のときは猊下で、それ以外のときは、学会のおじいさん」といわれた、
御書を編纂された日亨(にちこう)猊下って方が、火の信心と水の信心の両方のいいところをとって、
「温泉の湧き出る信心」(笑)って言われてたことがあるというのを、どこかで聞いて
面白いこと仰るなぁ とちょっと思い出しました。(^^)

まぁそれはともかくとして、目指すは水の信心ですわ。
あげるという肚を決めないままやみくもに始めたものですので、
よそ見したり、変にホコリが気になったり、なかなか集中できずにあげはじめてました。
最初の三日ほどは寒さか神経か肩こりか何が原因かわかりませんけれども、
急に歯が痛くなって、耳の奥が痛くなって、「難儀やなぁ」とか思いながらもあげきりました。
ひょっとしてと思いコーヒーに砂糖を入れないようにしたら治りました。(^^)そんなことで(笑)
それからその後の三日ほどは下痢が続き、それでもあげてるうちにましになり、治まりました。(^^)
それからその後の二日ほどは首が寝違えたらしく背中も張りがきつくなりましたが、
あげてるうちにましになりました。(^^)
自分でも「俺どんだけあげたないねん(笑)」とイヤイヤさ爆発の自身に呆れながらもあげていきました。
何日間かあげてるうちに、「これ、嫌がる俺が本当の俺自身やわ」と原因を目の当たりに気付きました。(^^)
そのうちに次はどんな嫌がる僕が中から出てくるのか楽しみになってきました。(^^)
そうこうしているうちに、一ヶ月が経ちました。あげたで。あげきったで。(笑)(^^)
きょうは散髪行きました。(関係無いやろ(笑))(^^)

今日から伝統の2月突入。折伏か…。六難九易も詮じつめたら、末法の広布の活動。なかんずく折伏が最たる大事ですもんね。
もしも簡単にできたら、六易九易で計15易(笑)ってそんなアホな法門無いですもんね。(^^)
やっぱり六難九易は六難九易です。法華経の通りです。(^^)
確かにこの通りだ という実感するところまでは来ました。
問題は、その実感からの次の一歩いうことですんな。(^^)
同じ題目でも「誓願の題目」を心がけてあげきっていきたいと思っています。
(^人^)