2013/11/30

御書

朝一、聖教新聞の『御書と ともに II〈16〉』
を拝読する。


参りました。m(._.)m
赤ポス拝(^人^)
ありがとうございます。がんばります。
(今年一の歓喜)



2013/11/29

化儀

「貴辺も上行菩薩の化儀をたすくる人なるべし。」
(御書1102ページ)

実際に成し遂げる方が出現してこそ、
法華経の正しさや凄さが、
万人に明らかになるんですね。
牧口先生・戸田先生・池田先生・SGIの皆様に
報恩感謝いたします。
(・人・)赤ポス拝



2013/11/22

団結

聖教新聞『きょうの発心』より。
「一人の心(こころ)なれども
二つの心 あれば
其(そ)の心 たが(違)いて
成(じょう)ずる事(こと)なし、
百人・千人 なれども
一つ心 なれば
必(かなら)ず
事を成ず」
(『異体同心事(いたいどうしんじ)』、1463ページ・編792ページ)

(^人^)


2013/11/22

一凶

(2013-10 大白蓮華114ページからの抜粋)
「創価学会は創立以来、
どこまでも日蓮大聖人直結の信心に立ち、
現実に妙法を弘め、
万人の幸福と世界平和実現のために活動を展開してきました。
それとは正反対に、
日蓮大聖人の仏法の教義と御精神にことごとく違背し、
あろうことか広宣流布を破壊しようとしたのが、
宗門の法主(宗門の中心者)であった日顕(にっけん)です。
すなわち現代の『一凶』『法華経の敵』とは、
謗法(正法を謗ること)の法主・日顕であり、
日顕及びその後継者が支配する現宗門『日顕宗』です。
仏法を破壊しようとする魔性の働きこそ、
民衆を不幸に陥れる根源悪の正体であるからです。
また、悪を打ち破っていく信心の戦い自体が、
成仏の境涯を開く実践となるのです。」


(・0・)/ そうだ そうだ!




2013/11/18

歴史

17日13時30分 歴史的な
新時代第1回本部幹部会の衛星中継に参加させていただきました。(嬉)^ ^

関西の女性の方が
「関西の皆さん 『負けたらアカン! 』で頑張りましょう!」
と呼びかけておられました。
相呼応しまして、
僕も\(^o^)/オー!です。(誓)
感動的な会合に参加出来てる喜びを噛みしめながら、
「広布の歴史に参加しているんだ」
と実感を終生わすれないように胸中に刻みつけるように見つめていました。

終了後、幹部の方が挨拶のなかで、
「8本の柱は、冷たくならないように、特殊な素材で表面も工夫されてる
とのことですので、皆さん、もし、記念に触られる機会がありましたら、
…綺麗な手で触るようにしていただきたいです。」
と注意事項を話されておられました。(笑)^ ^

創価学会創立記念日万歳!\(^o^)/
広宣流布大誓堂誕生万歳!\(^o^)/

(牧口先生ご命日の日に記す)
赤ポス冬春(誓)


2013/11/17

不退

「これはさておきぬ
日蓮を信ずるやうなりし者どもが
日蓮が か(斯)くなれば 疑を をこして
法華経を すつる のみならず
かえりて日蓮を教訓して
我賢(かしこ)し と 思はん僻人(びゃくにん)等が
念仏者よりも久く阿鼻地獄にあらん事
不便とも申す計りなし、
修羅が
仏は十八界 我は十九界
と云ひ
外道が云く
仏は一究竟道(くきょうどう) 我は九十五究竟道
と云いしが如く
日蓮御房は師匠にておはせども余(あまり)に こは(剛)し
我等は やは(柔)らかに法華経を弘むべし
と云んは
螢火(ほたるび)が 日月を わらひ
蟻塚(ありづか)が 華山(かざん)を 下(くだ)し
井江(せいこう)が 河海(かかい)を あなづり
烏鵲(かささぎ)が 鸞鳳(らんほう)を
わらふなるべし わらふなるべし。」
(御書960ページ)

この佐渡御書の一節は、生前の牧口先生が悠然とご講義されておられた御書
とのことです。

青年学会勝ちました!
\(^o^)/万歳!
(日淳上人御命日の日に記す)

赤ポスメジロ拝


2013/11/16

祈りを根本にして、
自身の勝利の
城を築こう!

\(^o^)/オー

2013/11/14

建立

「是くの如く国土乱れて後に
上行等の聖人出現し
本門の三つの法門
之を建立し
一四天・四海一同に
妙法蓮華経の広宣流布
疑い無からん者か。」
(御書338ページ)



2013/11/13

読書

第7巻読了。

『人間革命』第8巻
読み始める。
^ ^

2013/11/10

続々

今日の聖教新聞も
これまた えっらい ことになってますな(@_@)(祝祝)
2013/11/09

万感

今日の聖教新聞に、
「総本部の新名称『広宣流布大誓堂』」とあり、
あまりにもすごすぎる法華経通りの現出の姿に、
すごすぎて、僕は一瞬「夢のなかで新聞を読んでんのかな」
と思いました。(@_@)

万感を持ちまして超祝です。
おめでとうございます!!!
(^人^)



2013/11/03

文化

「文化の日」「創価文化の日」おめでとうございます。(祝)
「東京富士美術館」が開館30周年とのことです。
おめでとうございます。(祝)

富士美の思い出は、男子部時代に一度だけ車で連れて行ってもらったことがあります。
「第九の怒涛」展というごっつい絵画が展示されていました。
荒海に負けない人間航海という感じの大迫力の絵画でした。
「落ち穂拾い」とか「種を蒔く人」とかも鑑賞しました。
「種を蒔く人」はタイトルだけは聞いたことがあったのですが、
「落ち穂拾い」的に、かがんで蒔く絵なのかなとイメージしていましたが、
実際に鑑賞したら、「蒔き歩き」というのか「歩き蒔き」というのか、
颯爽と農夫が黙々と大量の種を蒔き歩きながら前進していました。
世界の名作を鑑賞できて庶民ではありますが喜んでいる次第です。^ ^

世界の文化が益々賑わっていかれますように、応援しています。^ ^/